わいわい塾

開催レポート

2021年2月 (株)髙瀬文夫商店

2021/03/12

 

 

大分県日田市で60年にわたってかまぼこ板の製造を続けてこられ
た髙瀬文夫商店。昭和47年に先代が亡くなり20代で現社長髙瀬加
津男さんが家業を継ぎました。職人の知恵と技術で安全安心なかま
ぼこ板を作り出し、今では約200種類を取り扱っています。

 

 

 

 

①高瀬文夫商店のかまぼこ板

 

 

 

 

②高瀬文夫商店の新事業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境へのこだわり

ゴミ0を目指して、廃棄物を最小限に押さえ、材木の
廃材や木屑などはボイラーの燃料として使い、その蒸
気を板の乾燥に使っています。
カンナくずは、医療用モルモットの床じき用に使用し
ています。
また、杉の薄板の活用は、環境にいいのはもちろんの
こと、国産材を見直すことにもなります。

 

 

 

木のストロー 取り扱い先
市内エリアス・博多阪急・九州ヴォイス(太宰府)他
itaTTe × BEAMS JAPAN

 

 

 

Q&A

Q.かまぼこ板の消臭に化学薬品は使っていない?
A.蒸気だけで取り除いています

Q.かまぼこ板にひのきは使えないのか?
A.香りが強すぎて使えません

 

 


わいわい塾会員の感想

●素晴らしい企業さんでした。明るく前向きに、
そして環境も考えた取組みで応援したいと思います。

●木製品は手に優しくてほっこりします。木の香りにも癒さ
れます。

企業情報

株式会社 髙瀬文夫商店

大分県日田市大字東有田2735番8
TEL: 0973-24-6220
URL:https://kamabokoita.com/